アレルギーの悩みも渋谷の内科で

近年の日本では様々なアレルギーで悩む人が多くなっていますが、アレルギーの悩みも渋谷の内科で相談ができます。食物アレルギーは子供に多いと思われがちですが、大人でも食物アレルギーはあります。渋谷にはいくつもの内科があることから、大人も受診をして診断や治療をすることで、改善の糸口になります。食べ物に含まれる何かがアレルゲンとなることで、体の中でIgE抗体が生まれて、免疫への反応が起こります。

皮膚の粘膜機能や消化管なども働きは低下をすることも、アレルギーには関わることです。治療をする手段としては、アレルギーの元になっている食べ物を、日常の食事で食べないようにすることであり、内科の渋谷ではアレルギーであるか、検査をすることができます。検査内容としては血液を採取しての検査であり、アレルゲンに対しIgE抗体があり、食べ物により症状が出れば確定の診断です。食品でのアレルギーは、吸入性アレルゲンのスギやダニなどと比べると、スムーズにIgE抗体の検出がされないことがあります。

厳密な検査をする時には、入院をしてのチャレンジテストが有効です。アレルギー治療のベースは、アレルギーを誘発する食品を、日頃から避けることが必要になります。薬物治療を行うときには、抗アレルギー薬の処方を受けて、化学伝達物質の作用を抑制させる治療をしばらくの間続けます。医薬品で一時的に症状が抑えられたとしても、自己判断で医薬品を止めたり、飲み過ぎたりはしないことです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です