手外科の代表的な疾患

手外科とは、手の疾患、障害に対応する専門の診療科です。切断された指を再結合する治療などから発展、発達した経緯から外科を中心として扱っている診療科です。現在、手外科は切断された指をつなぐなどの特殊ケースだけではなく、いろいろな病気に対応しています。特に高齢化社会において、手に疾患を抱える人の割合は増えているとも言われており、一般的な疾患への治療も多く行うようになっています。

そのような事情から、今後ますます活躍していくことが予想されています。とはいえ、手の病気は一般的ではあるものの、手外科という存在はあまり認知されていません。手は細かい作業を行う上で必要不可欠な機能であり、中で骨や筋肉、腱、神経、関節など多くの構造物が複雑に入り組んでいます。そのような部分に適切な治療を行うには、手の構造を熟知した専門医の存在が必要であると言われています。

手外科が治療を行う手の病気にはいろいろな種類があります。そのうちの一つが手根管症候群です。指先が痺れる病気で、手のひらの神経の一つである正中神経が圧迫されることで起こります。男性よりも、女性がかかることが多い病気です。

専門医は手のひらの神経の分布に沿って初見を取り、症状を細かく調べた上で診断を下します。他に多いのが腱鞘炎です。手首の腱鞘炎であるドケルバン病の場合、構造には個人差があるため、症状が重く手術が必要になった際は、手の構造に精通した専門医が行うことが望ましいとされます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です