人間ドックで要精密検査になった場合

人間ドックを受ければ、検査結果を教えてもらうことが出来るようになります。その時には異常なしが一番ではありますが、要精密検査や、要治療といった風な結果になる場合があります。こういった結果が出たのであれば、必ず病院に再度訪れるようにしなくてはなりません。しかし特に自覚症状がないからと言っても、再検査を受けに行かないというのはよくないでしょう。

まだ若いから大丈夫とか、行くのが怖いからといろんな理由で訪れない人もいますが、それではせっかく人間ドックを受けた意味がないのです。注意しなくてはならないのが、以前に要精密検査になり再検査に行った時に異常がなかったからと言って、また今回も同じだろうという事で再検査に行かない場合です。以前は要精密検査で異常がなかったとしても、今回は本当に異常が出ているかもしれません。いくら同じ項目で要精密検査になったと言っても、こればかりは再検査をしてみなくてはわからないのです。

自己判断で再検査に行かないというのはあまりにも危険です。せっかく発見出来た異常を自分の勝手な判断でつぶしてしまっては、手遅れになってしまうかもしれないのです。そうならないようにする為には人間ドックの検査結果をきちんと確認するようにして、要精密検査や要治療の時には必ず病院に行くようにしましょう。そこで異常がないという事がわかれば安心してもいいはずです。

そうすることが、自分の体を守ることつながります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です