ストレスチェックと中小企業の関係

ストレスチェックは常時50名以上の従業員を雇用する企業に義務付けられた制度です。職場のメンタルヘルス対策強化のために導入された比較的新しい仕組みですが、50名以上を条件とする場合、かなりの数の中小企業が含まれることになります。その様な企業にとってメンタルヘルス対策は必要性を感じていたとしても導入するのにはハードルが高いものであるというのが現実です。その様な中小企業ではメンタルヘルス対策のノウハウもなければ、対応するのに十分なスタッフもいないためにかなりの負担になるのが現実です。

そのため多くの中小企業は対応のためにストレスチェック業務のアウトソーシングを検討するようになっています。法律によって義務付けられたということから非常に多くの需要が発生しているということもあり、ストレスチェックのアウトソーシングは比較的行いやすいものになってきているのです。アウトソーシング先には様々な選択肢がありますが、人気の高い先としては健康診断を実施している医療機関等が挙げられています。健康診断もストレスチェックと同じく一年に一回は実施することが義務付けられているものですが、この健康診断の実施と合わせてストレスチェックも行うというのが効率的な実施方法であると考えられているのです。

この様な仕組みを上手に活用して上手に負担を軽減しているのが中小企業の対処法であると言えるでしょう。この様な仕組みが注目されています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です