ストレスチェックでメンタルヘルスを常に把握しておく

企業の管理者にとっては、従業員の心身の状況に関してしっかりと把握しておくことが重要であることはもはや当然のこととして認識が広がってきています。一般的な内科の健康診断においては血液検査やレントゲン検査などで、以上について数値的または視覚的な判断が可能ですが、目に見えない精神的なストレスは、ストレスチェックによって明らかにしていくことが求められます。日常の業務推進に支障を引き起こすほどの強いストレスにさらされている従業員には、それを緩和するための具体的な方策を直ちに行うことが必要であり、人的資源を守るという観点からも企業側の姿勢が問われているといっても良いでしょう。働き方改革という概念も、2010年代の後半に入ってから急速に広がりを見せ、従前のような勤労に関する価値観は通用しなくなりつつあります。

ストレスチェックが従業員50名以上の事業所に義務付けられたのも、そのような傾向にあることの照明であるともいえます。メンタルヘルスの安定は、従業員の勤労意欲の向上にもつながります。最終的には企業側にとっても勤労者側にとっても双方にメリットがあると考えるのが自然でしょう。年に1回のストレスチェックは、義務化されたからという消極的な理由で実施するのではなく、積極的に従業員のメンタルヘルスの把握とその改善に向き合うことを目的として実施することが望ましいと考えられます。

実施側にとっても意識の向上は急務であるので、内容について十分に把握しておくことをお勧めします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です