ストレスチェックの義務化は労働者の健康を助けます

企業では、従業員のうつや長時間労働による過労が、大きな問題となっています。従業員の心理的なストレスを量るために、厚生労働省によって、労働者が50人以上いる職場に対して、2015年12月からストレスチェックが義務化されました。労働者が50人以上いる職場では、毎年最低1回は、ストレスチェックを行う必要があります。ただ、労働者が50人未満の職場では、いまだに義務化されてはいません。

また、パートタイムや短期契約の社員が多い職場も、義務化の対象にはなっていません。ストレスチェックでは、アンケート方式によって、従業員の職場でのストレス状況を測定します。多大なストレスがあると判断された従業員には、医師による面談が行われます。また、経営者は労働者の回答を、見てはいけません。

そのため、ストレスチェックを行うときには、別の機関の指導が必要になります。アンケートの内容は個別に決めることができますが、厚生労働省が推奨している内容を使うこともできます。また、アンケートの回答によって、企業が労働者を不当に扱わないことも、同時に義務化されています。労働者の心理的なストレスは、表面化しないことがあります。

そのため、多大なストレスを抱え込んでいても、周囲からは分からないこともあります。職場でのストレスがたまると、生産性が落ちるだけではなく、健康にも大きな影響を与えます。労働者の心理状況を知り、労働者が働きやすい職場を作るために、ストレスチェックは重要です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です