ストレスチェックとは

ストレスチェックとは、2015年から従業員50人以上の事業所に義務付けられたストレスをチェックし、対策を講じることをシステム化した制度のことを言います。背景としては、IT関係の発達に伴い、ビジネスが複雑化・高度化し、そのことによって労働者に精神的な負担がかかり、メンタル面での疾患が目立つようになったということがあります。また、残念なことですが、自ら命を絶つという人が多くなったこと、時間外勤務が増え過ぎたことなどもあります。これまで各企業の事業所にはフィジカル面での健康診断ということが義務付けられていましたが、それに加えて、メンタル面での健康診断が加わったということになります。

つまり、ストレスチェックとは、メンタルヘルスのための事業主に対する義務ということができます。実際の運用に際しては、事業主は仕組みづくりや制度を活かすための様々など条件を整える必要があり、たとえば医師、保健師、一定の研修を受けた看護師、精神保健福祉士など専門家の確保や委託が必要になりますし、そのための調査票、これは厚生労働省でも推奨していますが、仕事のストレス要因、心身のストレス反応、周囲のサポートの3領域をカバーするものなども必要になります。さらに、労働者のプラーバシーの保護や個人情報ということにも気を配るようになっており、強制することや情報の共有化などには細かい配慮を求めています。これらのように、ストレスチェックとは労働者のメンタル面での不調の未然防止ということになるわけですが、そのことはとりもなおさず、事業者にとっても大切な労働力を失わないで済むということを意味するわけですから、余計なコスト増などと捉えずに、積極的な職場改善策、事業推進策としてとらえるのが良いということになります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です