ストレスチェックとは何のために行うの

ストレスチェックの導入が企業で義務化になってきています。そのため、実際に職場でストレスチェックを受けられたことがある方も多いのではないでしょうか。ストレスチェックとは、職場で強い不安や悩みストレスを感じている労働者が多いため、労働者の心の健康の保持増進のためを目的として、労働者がどのくらいのストレスを感じているかを調べるためのものです。実際に、過去も現在も、また将来も仕事による強いストレスが原因で、精神的に病んでしまったり、自ら命を絶つ人も多くいらっしゃいます。

また上司からのパワハラや過剰な残業を強いられてしまい、残業分の賃金については支払わないことが、大企業でも起こっています。ストレスチェックとは、職場環境の改善や労働者が働きやすい環境を改善するきっかけにもなりますので、労働者が気持ちよく仕事続けることを目的に行われるものです。つまりストレスチェックとは労働者がメンタル的に不調になってしまうことにならないように、未然に防止するのを目的として行われます。ストレスチェックを実際に行い、労働者が過剰なストレスを抱えていることが解ったら、産業医などの医師の面談を受けてもらい、ストレスを緩和させるためにどうしたらよいのかの助言を貰ったり、雇用する事業者に対して、仕事量を軽減したり、仕事内容を変えることを提案することで、対象者がより働きやすい環境を提供することができるでしょう。

ストレスなく働ける職場環境こそが、労働者にとっても雇用する事業者にとっても最終的にメリットがあるといえます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です