ストレスチェックとは

ストレスチェックとは厚生労働省が導入した制度で事業者や労働者のための心理的な負担を確かめるためのテストとその結果を踏まえてどういったアドバイスをするかをマニュアル化した制度です。メンタルヘルスを定期的にチェックすることでうつなどの症状を事前に防ぐことができると期待されています。働きやすい職場になることも目的とされています。ストレスチェックとは医師や看護師との面接を定期診断とともに行うことを推奨されているものの強制力はありません。

ストレスチェックの方法そのものは簡単なアンケートによるものなので時間も取らず、簡単にできるようになっています。常時雇用している従業員が50名以上の場合、1年に1回のストレスチェックが義務付けられています。ストレスチェックとは医師との面談が自由にできることで職場の心理的負担を解消し、第三者的立場の医師のサポートを受けられるというものです。アンケートに答えることで自分なりに症状が自覚することができます。

過重労働や長時間労働を避けるためにも定期的なストレスチェックが行われることは意義があります。社員の働き方の改革、職場環境の改善につなげていく努力が必要とされます。うつ病や過労死を避けるためにも心理的な負担を計測するための検査が導入されることは望ましいといえます。ストレスチェックと面接指導の実施状況は労働基準監督署に報告することが必要になります。

制度を利用しやすくするために効果的な使い方を模索している状況となっています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です