企業が行うストレスチェックについて

現代では社会問題にもなっているうつ病ですが、社会人に多くあり離職や自殺に繋がっています。労働環境の悪さや社員のメンタルケアを怠っている事が原因として、平成27年12月1日にストレスチェック制度が施行されました。これは企業が社員のメンタルヘルス問題を確認し、予防・改善する事を課した制度です。ストレスチェックにより事業主も従業員もストレスに向き合い、改善に向けて行動する事のきっかけとして義務化されています。

年に1回チェックを行い、その結果を職員に報告します。必要な従業員には医師への面談を行います。この様にストレス状況の把握を行い、メンタルヘルス不調を予防・改善する事が目的です。企業は医師より改善の指導があれば、即座に深刻化を防ぐ様に改善しなければなりません。

こう見ると不調者を発見する事が目的の様になりますが、それが目的ではなく早期発見して改善する事です。早期発見には管理者の指導も必要です。管理者に向けた研修も義務化されており、十分に周知徹底する事も課せられています。このストレスチェックは50人以上の事業所では必ず行う必要があります。

もしも行わない、つまり違反した場合はどうなるのでしょうか。義務化されていますが、違反しても直接的な罰則はありません。しかし行わない事は安直な考えとなります。それほど社会問題となっている事由だからです。

実施していなくてメンタルヘルスケア不調により事故が発生した場合、安全管理監督責任に問われます。企業の発展にもつながるきっかけでもある制度です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です